デリヘルは風俗の花形的存在

男性客にとってデリヘルって敷居が高い存在な気がします。プレイする店が存在しない訳ですから店員にも会わないし、突然女性とホテルでプレイが始まる訳ですからね。初めての時はお客さんも緊張してしまいます。だから箱ヘルに行った事があってもデリヘルは未経験の男性もかなりいるのではと思います。
でもデリヘルに在籍している嬢の数は本当に多いです。求人も一番多いのがこの業種ではないでしょうか。今やデリヘルは風俗産業の花形的存在と言えますね。
女性から見たデリヘルの良い所、それはお店に通勤する必要が無いことです。あえて言えばホテルが通勤先になるわけですが、そこに行くための車は自宅の前まで来てくれるのです。なので余程の天候でない限りは雨に濡れたり寒い思いをしなくて済みます。
さらには高級車に運転手、ちょっとした女王様気分を味わえるのも良い所です。「ちょっと飲み物でも買ってきてくださる?」なんて某夫人を思い起こさせる喋り方にもなりそうです。だけどそんな態度は車の中までにしましょう。お客さんの前では立場は逆転します。
ピザのデリバリーの様に美味しくて温かい心と身体をお客様にお届けする。それがデリヘル嬢としての務めなのです。

風俗嬢の年齢層と勤続年数について

風俗店で働く風俗嬢の年齢層は、18歳から20代の年齢層に集中している傾向です。最近では、風俗店でも高齢化の傾向で、30代から40代の熟女も活躍していて、お客様の年齢によっては熟女からのサービスにもニーズがあります。アイドルや女子高生などのコスプレをして、サービスを提供している風俗嬢に関しては、20代ぐらいの年齢層が主です。一方で、OLや教師などの大人的なコスプレを提供している風俗嬢は、30代以降の女性に似合っていると感じます。また、主婦の年齢層の人がサービスを提供する場合、基本的に私服でサービスを提供している人も多いです。
風俗嬢は、長い人でも3年以上続けています。短い人ならば、1ヶ月以内で辞める事が多いです。特にお店の中で売れっ子である場合は、待遇も充実している傾向なので、長期間働いている人が多いです。勤続年数が長いかどうかに関しては、風俗嬢の事由で変化してくることが多いです。仕事が充実していると感じている人は、数年経っても風俗関連の仕事をしていて、お店を代わってから仕事に従事する女の子も多いです。私の知っている風俗嬢は、お店を代わりながら6年以上も同じ仕事をしていて、何でもサービスができて、話が上手であると感じました。

風俗とお水の表裏一体?な関係

風俗求人では一般的に性風俗サービスを提供する業種をメインに取り扱っていますが、キャバクラはホステス、ガールズバーといったお水系ワークも平行して紹介しているケースが非常に多いです。全国の風俗求人が集まるポータルサイトでも同様ですね。
これは、風俗ワークもお水ワークも[高収入]という共通項でくくれるという事もありますが、こういった業界で働く女性が風俗・お水の間でけっこう流動的に転職している事情も反映しています。
デリヘル嬢やソープ嬢として、多くの指名を獲得して人気になった嬢が水商売に転職するケースもあります。実践的なプレイではなく、男を魅了するテクニックに関して長けていれば、どちらでも通用するという事ですね。またガールズバーはカテゴリーとしてはお水ワークで、アルコールを出して接待する業種としてはライトで、トーク技術もあまり問われない事が多いので業界未経験でも人気の高いお仕事ですが、ガールズバー経験者がデリヘルソ-プに転身するケースもかなり多いそうです。これはより高収入を求める上で、男性とのスキンシップにも慣れていって都合が良いからだと言えるでしょう。このように風俗とお水を行き交って稼ぐ女性も多いのです。

関連サイト

奈良のデリヘル店へ行こう:人妻トレイン
新大阪でデリヘル遊びをしたいなら|クラブバカラ
京都のデリヘルは高級なお店がおすすめです|マダム麗奈

サブコンテンツ

このページの先頭へ