風俗利用者のための性病回避策

性風俗サービスを楽しむうえで悩ましいのが[性病]のリスクです。
国内で感染する恐れのある性病には実に様々な種類が知られていますが、特に多いのはクラミジアです。また症状が重篤なものではHIVが有名ですね。
一般的に性交渉で感染する病気には皮膚の炎症や痒みを起こすものが多く、また陰性のまま発症しないケースも珍しくないのですが、女性では不妊症など重い症状に至るケースもあります。
風俗嬢は、雇われている店舗ごとにコンドームやうがい薬の配布といった予防策や、定期健診の受診が行われるのが普通ですが、最近のデリヘルに見られる価格破壊などの影響で、そういった対策の質は全体的に落ち込んでいるのが実情です。
医師に診断をうける頻度も、以前はソープでは2週間に一回などと言われていましたが、現在ではそれだけのペースで受診できている店舗は少ないのではないでしょうか。最悪、検診を一切受けていない悪質な店舗もある可能性があります。
利用者としてはそういったリスクを避ける意味でも、経営体質の怪しい店、モグリで経営するような店は避けるのが賢明です。また自覚症状があらわれたら泌尿器科やメンズクリニックで受診すること、できれば年に一度以上は定期健診を受けるのがお薦めです。

  • 浴衣
サブコンテンツ

このページの先頭へ